中国ビジネスセミナー「現代の中国で成功するためには」

中国は、かつての労働集約型から労働技術集約型に大きく転換しつつあり、世界中に大きな影響をもたらしています。 

11月に北京で開催されるAPECでの日中首脳の動向も大きな注目を集めています。本セミナーでは、最近の日中関係がどうなっているのか、どのように会社経営をすべきであるのかをテーマに開催します。

日時 2014年12月11日(木)18:30~20:30
場所 龍谷大学「大阪梅田キャンパス」
対象 社会人の方、中国ビジネスに興味をお持ちの方
定員 30名
参加費 無料
主催 龍谷大学大学院経営学研究科
後援

一般社団法人日中経済貿易センター

龍谷エクステンションセンター(REC)

プログラム

18:30~18:40 挨拶

夏目 啓二(龍谷大学大学院経営学研究科長)

18:40~19:30 基調講演

講 師 青木 俊一郎(一般社団法人日中経済貿易センター 理事長)
テーマ 「最近の日中関係事情」

青木 俊一郎 プロフィール

963年松下電器産業株式会社入社、台湾松下電器有限公司、インドネシアナショナルゴーベル営業部部長を経て、1979年松下電器駐華代表処所長、1987年北京松下カラーブラウン管有限公司営業部長、1990年同首席代表、1994年松下電器有限公司総経理(社長)。2003年日中経済貿易センター理事長に就任、現在に至る。龍谷大学大学院経営学研究科元教授。現在、非常勤講師。1995年通産大臣経済協力賞受賞。「興亡夢の如し」、「聖人、孔子の生涯」ほか、執筆多数。

 

19:40~20:30 講演会

講 師 松野 稔(龍谷大学大学院経営学研究科教授)
テーマ 「中国での会社経営について〜中国でいかに儲けるか〜」

松野 稔 プロフィール

1978年伊藤忠商事株式会社入社後、上海、北京に駐在し、化学品部長を務め、1995年山東華菱電子有限公司出向、薫事副総経理、1998年成都伊藤ヨーカ堂出向、管理本部長、2000年東莞興宝化工有限公司出向、総経理、2006年3月伊藤忠商事(株)退職後、2011年3月まで独立行政法人中小企業基盤整備機構にて、経営支援専門員(国際担当)として勤務、2011年4月より龍谷大学大学院経営学研究科教授。

 

申込締切日

2014年12月4日(木)

お申し込みフォーム はこちら

お問い合わせ

龍谷大学大学院経営学研究科(担当者:栗田)
〒612-8577 京都市伏見区深草塚本町67
TEL:075-645-7895
FAX:075-643-9901
E-mail:m-kurita@ad.ryukoku.ac.jp

このページのトップへ戻る