戻る | 次へ


10進数の補数表現

(2桁の数の例)

最上位桁(第2桁目)が5よりも大きいと補数表現となり、負の数を表していることがわかる。

9の補数の場合、「0」と「99」の両方が0(零)を表すことになり0に複数の表現が生まれ、まぎらわしい。

10の補数は-50から+49までの100種の数値を表現できるのに対して、

9の補数では-49から+49までの99種類の数値を表現し、10の補数に比べて表現できる数が一つ少ない。

10の補数で「100」は第3桁目の「1」がなくなり、「00」と同じ表現となる。よって0(零)と一致する。

10の補数ホスウ 9の補数ホスウ
セイスウ 正数セイスウ表現ヒョウゲン スウ 補数ホスウ表現ヒョウゲン セイスウ 正数セイスウ表現ヒョウゲン スウ 補数ホスウ表現ヒョウゲン
    -50 50        
49 49 -49 51 49 49 -49 50
48 48 -48 52 48 48 -48 51
47 47 -47 53 47 47 -47 52
46 46 -46 54 46 46 -46 53
45 45 -45 55 45 45 -45 54
44 44 -44 56 44 44 -44 55
43 43 -43 57 43 43 -43 56
42 42 -42 58 42 42 -42 57
41 41 -41 59 41 41 -41 58
40 40 -40 60 40 40 -40 59
39 39 -39 61 39 39 -39 60
38 38 -38 62 38 38 -38 61
37 37 -37 63 37 37 -37 62
36 36 -36 64 36 36 -36 63
35 35 -35 65 35 35 -35 64
34 34 -34 66 34 34 -34 65
33 33 -33 67 33 33 -33 66
32 32 -32 68 32 32 -32 67
31 31 -31 69 31 31 -31 68
30 30 -30 70 30 30 -30 69
29 29 -29 71 29 29 -29 70
28 28 -28 72 28 28 -28 71
27 27 -27 73 27 27 -27 72
26 26 -26 74 26 26 -26 73
25 25 -25 75 25 25 -25 74
24 24 -24 76 24 24 -24 75
23 23 -23 77 23 23 -23 76
22 22 -22 78 22 22 -22 77
21 21 -21 79 21 21 -21 78
20 20 -20 80 20 20 -20 79
19 19 -19 81 19 19 -19 80
18 18 -18 82 18 18 -18 81
17 17 -17 83 17 17 -17 82
16 16 -16 84 16 16 -16 83
15 15 -15 85 15 15 -15 84
14 14 -14 86 14 14 -14 85
13 13 -13 87 13 13 -13 86
12 12 -12 88 12 12 -12 87
11 11 -11 89 11 11 -11 88
10 10 -10 90 10 10 -10 89
9 9 -9 91 9 9 -9 90
8 8 -8 92 8 8 -8 91
7 7 -7 93 7 7 -7 92
6 6 -6 94 6 6 -6 93
5 5 -5 95 5 5 -5 94
4 4 -4 96 4 4 -4 95
3 3 -3 97 3 3 -3 96
2 2 -2 98 2 2 -2 97
1 1 -1 99 1 1 -1 98
0 0 0 100 0 0 0 99


戻る | 次へ