会計コースで何が学べるの?

会計学とは

そもそも会計学とは、企業が行った経済活動を定量的に把握、記録、分析し、その企業の財政状態や経営成績を示す財務諸表(貸借対照表・損益計算書・キャッシュフロー計算書など)の概念・仕組みやその機能を学ぶ学問です。

会計には大きく分けて2つの分野があります。1つは、投資家に対して、投資をに対する際の意思決定の材料を提供する財務会計、もう1つは企業の役員、経営者の意思決定に役立つ情報を提供する管理会計です。

このページのトップへ戻る