Need Help?

Faculty of Business Administration

経営学部

学部概要

経営学部 学部概要

学生が主体となって企業と連携し、実体験を通じて「企業経営」の真髄に迫る。

自分の関心・進路に応じて現場で実践的に学べます。

3つのコースに分かれて学ぶ

2年生後期から自分の進路に合わせてコースを選択します。学部内コースとして「経営コース」、「会計コース」の2コースに加え、経済・経営・法・政策の4学部で構成される学部共通コースを合わせた3コースを用意しています。

実践的に学ぶゼミ活動

1年生からゼミ(演習)を開講することで密度の濃い学びを実践します。
4年間で基礎から専門的な分野までをフォローし、学修や研究に必要な基礎的知識、課題発見能力、課題解決能力、文章表現能力、口頭発表能力を養います。

ゼミの学び

  1. 少人数ゼミに配属される
  2. 自分の興味のあるテーマに関連する書籍を読む
  3. ゼミで発表する
  4. その発表に対しみんなで討議

1~4を繰り返して専門性を深め…

研究発表・論文執筆

  • 学内ゼミ研究発表会、日本学生経済ゼミナール全国大会などの研究大会参加
  • 演習論文の執筆
  • 教職員向けへの合同報告会

ビジネスの現場と直結した学修でビジネスセンスが磨かれます。

経営学部の各科目は、その多くがビジネスの現場と直結しています。仕事へのやる気を高く保つ仕組みや、大人数で協調作業するための組織理論、中長期的な会社の方向性を考える戦略論などは、一般企業の研修内容と同等もしくは高水準であることがほとんどです。そして何よりも、仲間に囲まれて切磋琢磨できれば、必ずみなさんのビジネスセンスは磨かれることでしょう。

  • 現代企業の特徴を理解することができる。
  • 自分の考えを伝え、議論することができる。
    ( プレゼンテーション能力、ディスカッション能力)
  • 課題の本質をとらえ、問題解決を図るための知識を身につけることができる。
    (課題発見能力、課題解決能力)

就職後にも活かせる力が身につきます

SEE MORE

  • Real Stories
  • Real Stories
  • 経営学科 3年生 奥村 優子さん(滋賀県立国際情報高校 出身)

学部長メッセージ

令和の時代が始まりました。思い返すと昭和から平成への転換は劇的でした。1989年にベルリンの壁が崩壊し,それをきっかけに冷戦の終結,そしてソ連の崩壊へと続きました。また国内では,バブル景気の絶頂から崩壊へと日本経済は急降下しました。こうした日本経済の凋落を尻目に,グローバル化とIT化はわれわれの社会に急速に浸透していき,いまやアマゾン,グーグル,またiPhoneなどGAFAを中心とした海外企業の製品・サービスなしにわれわれは生活できないほどになっています。

SEE MORE


経営学部の「教育理念・目的」と「3つの方針」

建学の精神に基づいて、経営学の理論を修得させることに加えて、実践的かつ実学的素養を身につけさせることを教育理念とする。また、激しい時代の変化に対応でき、社会から信頼される経営人を育成することを目的とする。

SEE MORE


4年間のプロセス

4年間のプロセス


  • Eye100
  • 京都マラソンプロジェクト
  • 京都マラソンプロジェクト
    経営学科 3年生 北川 真衣さん (滋賀県立草津東高校 出身)

Request Information

資料請求